×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2007年02月04日 RO

メイド10連打

今日もレベルアップ

経験値2倍期間をLv84でスタート、教範で3倍にして一気にLv90に。
当初は88いけるかいけないかぐらいと予想していたもの、実際に3倍にして1時間狩ったところ時給が6Mも出ていた。ずっと1.5M/hぐらいのつもりだったのが実は平時でも普通に2Mだしてたらしい。※1
転生から2ヶ月と2週間でLv90になっているのは秘密だ。

Lv90、生体には入れるし、一応ステも完成。
ステはこんな感じに。

次回は久しぶりに生体3に突っ込むか。

おまけ
80-90の間、人形工場で出続けた装備達。

これだけ出て高級エプロンは1個だけって。

※1−教範使ったからいつもより500k分必死だったのかもしれない。

2007年02月11日 RO

渾身投撃

遂にパラもLv90、お約束のアレです。

…と、思ったらリンカが生体Dクエストの制限Lvに足りなかった。
異端的2PC。

所謂ソロ生体ってヤツです。経験値独り占めでウハウハ。
ソウルリンカーでクルセ魂を付与、魂SdB※1とDF※2を揃えて目標はスナイパーのセシル。これの話をすると妙な反応されるけど書いてありますから!クルセWikiのSdBのところにちっちゃく…。
先ず準備は3Fの入り口にリンカー設置、パラ本体はリヒセーブ、プリも復帰ポイントにおいて循環を速める。アイテムはHP・SP回復共に積めるだけ、さらにハエも積めるだけ、そこに生体名物「Pv・Gvしなくても対人装備が揃っちゃう現象」に沿った武器・防具を持ってく。

あとは只、投げ続けるのみ。
流石必中。

実際に倒せることは証明できた、けどDF入れても15kのHPが真っ赤だ。セシルの通常攻撃がDFで1発40〜70程のダメージ、ラッシュアタック(爆裂)に入ると1発300前後喰らう。これはDFが凄いのか、それとも生体の転生連中が凄いのか。一方こちらの魂SdBは1発3000のダメージを与える、単純に20発も撃ち込めば倒せる訳だ。ちなみに中の人は倒せる相手ならなんでもプロボ投げる人。理由は「HPよりSPアイテムのが高いから」だそうで。
それでもHPが真っ赤になるのは、セシルがスキル攻撃をガンガン連打してくるせい。スキルだと1発1000強喰らい、それを2発3発ASPD175は平気で越えてそうな速度で連射してくれる訳だからパラだって墨染めになるのも無理は無い、むしろ生きてるだけで偉い筈。10セル以上離れてればスキルを使われないらしいが、常にその状況とはいかないだろう。沈黙鎧とか作ったら面白いかもしれない。
SPの消費は割りと軽いみたいだから出費は思ったほど酷くはなさそうだ。白よりも重量効率のいい回復を積んだ方が良いのかも。

おまけ:たいへんだ、こっちのがうまい。
SW奪って殆ど無傷。

※1―クルセイダーの魂…シールドブーメランの威力2倍(SdB5なら250%*2=500%)、ディレイ減少(0.7秒→0.4秒)、必中の能力を付加する。

※2―ディフェンダー…足は遅くなるが最大で遠距離ダメージを80%軽減できる。

2007年02月15日 FEz

続きは次の戦場で

教授もパラも90まで育てて、一通りやりたいことやったらROですることもなくなってしまった。そのうち3キャラ目の育成でも始めようとは思ってはいるけど…

ということで今はファンタジーアースやってます。自分はDaathサーバーでゲブランド国に所属。

静止画だと何も伝わらないゲーム。

去年の末に誘われ、なんとなく始めたのだけど、これが結構面白い。ジャンルはMMOのアクションRPGらしい。とにかく戦争っていうでかいPvPがメイン、むしろ戦争以外にすることが無いくらいシンプルなゲームと言った方が分かり易い。
クラス(職業)三種類の相性がはっきりしていて、PCのLv差の影響も殆ど無いようになっており、トランプやチェスといったゲームに近いかもしれない。だからLv一桁だって高Lvの相手を倒してしまったりするし、基本無料の範囲でプレイしてても課金装備な相手に勝負を挑むことだってできる。何より集団戦、仲間との連携が巧くいくと気持ちが良い。
更に細かいとこまでみると、他の要素を切り捨てて対人という一点に重点を置いて作り込んでいる事がよく分かる。逆に妙な部分で作りが粗かったりもするが、PvPが好きな人なら存分に楽しめるゲームだろう。

2007年02月17日 Off

もあはっぴぃ?

昨日、昼飯を買いにコンビニへ行ったら、デザートの棚で妙なものを見つけ、思わず買ってきてしまった。
わーいハッピーだー。

遠近法も無視したサイズで、店で見たときは文字通り我が目を疑った程。内容量400gだそうで、雰囲気は俗に言うバケツプリンの量産型みたいな感じ。
nanoじゃないよ。

バケツプリンはまだ通販とか自家製だけど、これは店の棚に自然(どう見ても不自然)と並んでる。レジにもっていったら店員さんもノリノリで弁当用のスプーン付けてきた、どんだけHAPPYなのかと。
これに368円も出して買う奴がそんなにいるとも思えないのだが、自分みたいにそう思って買ってく自称少数派な人達が売り上げの殆どなのだろう、狂気のグリコ恐るべし。

いただきます。

ちなみにうちの近所のセブンでは1週間限定と言っていたので、まだの人はお早めに?

2007年02月21日 Game

Oneself

自分は時々RPGをプレイしたくなる人間らしい。

現在「ボクと魔王」プレイ中、というか先程クリア。
なんで今それをやるのか聞かれても困るけど、古いゲーム(古くなったゲーム)は好きだったりする。お酒じゃないが、時を経るとゲームも発売当初にはなかった味を出すようになるのではないかと思う。ファミコンのソフトなんかを例にするとわかりやすいかも。この「ボクと魔王」ももう出てから6年ぐらい経つ、なんというかPS2の歴史※を感じてしまう数字だ。
発売当時、実は店頭用のデモ版を貰って、家でやっていた記憶がある。体験版だから勿論序盤だけだったけど(確か一人目の仲間と出会うとこまでだった気がする)。
それから6年後の今になってちゃんとした製品版をプレイすることになった訳だが、いや聞いていた通り面白かった。
所謂大作RPGと呼ばれるものとは違ってゲーム自体は軽い作りで、RPGとしてはいたってシンプルなものである。ゲームシステムとして目立ったものは無いが、それが逆にこのゲームの独特の世界を魅せる為のものであるのだろう。全体のバランスが良く取れており、一つの作品としてすっきり綺麗にまとめられているという点で評価。
致命的な欠点と言えばカメラ(視点)の融通が利かないことぐらい、カメラワークだけ改善したVer1.5の開発とかは…ある訳がないか。
ストーリーとか設定まで触れてったら面倒だからとりあえずこんな感じ、その辺気になる人はゲーム屋で探してパッケージの裏見てね。
なんだか6年前のタイトルを今更レビューするってのも変な感じね。

※―PS2の日本発売が2000年3月4日、ボクと魔王が2001年3月15日。
余談だがPS2で発売されたゲームで最も多いジャンルはADVだとか、全てがそれという訳じゃないがそれにしても…。PS2の歴史って一体…。

2007年02月24日 RO

と言われましても…

来週のメンテでキャラスロ5つになるんだってね、つまりアカウント2つ持ってる自分の場合はいきなり枠が4つできる事になるらしい。ただ、丁度今いる3rd以降のキャラを育てようかと思ってた時に増やされても…嬉しいことは嬉しいんだけど、なんとも複雑だ。
2PCももう揃ってるし、折角だから真面目(≒ネタ)な新キャラは作ろうかと思ってます。が、困った事に武器が無いんですよ。
防具はセージのものが揃ってるからいいんだけど、セージの武器(本・CD)と盾パラの武器(s4特化武器)じゃあ流石に使い回せそうにないか…あ、CD殴りのWIZは却下、うちのリンカーが既に殴りだから被るだけっぽい。本殴りのプリも途中でTUに目覚めそうだし無いなぁ。パラの武器で2刀アサは出来そうか、但し右手は属性海東。いやホント武器新調するお金もないんですよ、どうしましょう?

一先ず無難なところで普通にI-DのWIZは作る予定、残りの枠は案がなければ全部セージ、って言うと本当にそうなりそうなのが怖い。